嗅覚検査の一時中止の延長について(令和2年5月31日まで中止)

嗅覚検査の受検を希望されている方へ

嗅覚検査機関での新型コロナウィルス感染防止のため、令和2年4月3日(金)から5月6日(水)まで嗅覚検査の一時中止の措置を講じておりますが、検査の中止期間を令和2年5月31日(日)まで延長することといたしました。
なお、今後の感染拡大の状況に応じて、中止期間は再延長することもあります。

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、外出の自粛や3密(密閉・密集・密接)を避けることが必要です。嗅覚検査は室内で対面にて行われるため、マスクや消毒など十分な感染予防措置が講じられない場合、感染のリスクが高まることを勘案して、当面、臭気判定士免状の新規申請・更新申請に係る嗅覚検査を中止することといたしました。

なお、この期間に臭気判定士免状の有効期限が満了となり、免状更新ができなかった方については、悪臭防止法施行規則第14条の“ やむを得ない事情”に該当するものとして、やむを得ない事情がやんだ日(中止が解除になった日)から一月以内に更新手続きをとっていただければ、免状の更新が可能となります。(この手続きにより発行される更新免状の有効期限については、空白期間を設けず、現有免状の有効期限満了から5年間となります。)

今後、中止期間の再延長があった場合は、当協会HPにてご案内しますので、適宜ご確認願います。ご不便をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

その他、ご不明な点等ございましたら、メールにてお問合せいただけますようお願いいたします。